奧馬電子は上海CPCAショーに盛大に登場した

2020-09-01

   2020825日、上海CPCAショーは国家会議展示センター7.1H8.1H展示館で盛大に開幕しました。今回の展示会には、全世界の回路基板や電子組立などの産業チェーンをカバーする多くの大手メーカーが参加し、銅張り積層板の上流と下流40社近くの企業が出展し世界各地から3万人以上の業界エリートや関係者が来場しました。展示会の風采を見ましょう。

展示会場
        奧馬電子はフレキシブル回路基板の材料生産、研究開発、販売に専念するハイテク企業であり、フレキシブル回路基板は消費電子(例えば、スマートフォン、ウェアラブルデバイス)に広く応用されており、製品は通信設備、コンピュータ及びネットワーク設備、工業自動化制御装置、医療器具、車載、インターネットなどの分野に広く応用されています。展示会の初日、会社のブースには多くの業界エリートが来場していました。



会社の製品
        弊社は端末電子顧客に技術が先進的で、品質が優れており、より多くの新興電子製造分野をカバーするフレキシブル回路基板材料を展示した。









相互交流
        出展者として、董事長兼社長の李衛南氏は会社の製品開発チームとマーケティングの基幹人員を率いて今回の展示会に参加しました。製品と技術、業界の成り行きなどについて、業界の同業者のエリートと深いインタラクティブを行い、業界間の交流と協力を促進し、国内電子製造の持続的な健康発展に助力しました。




        素晴らしい上海展示会は閉幕しました。奧馬電子が上海展示会でのデビューは各部門の人員の相互支持と努力に離れられません。来年の展示会でまた皆様と会えることを楽しみにしています。